HOME>オススメ情報>再生医療に光!間葉系幹細胞用の無血清培地をチェックしよう

間葉系幹細胞用の無血清培地について

市販された間葉系幹細胞用無血清培地によって、患者本人から血液や骨髄液などの採取による、患者自身の血液由来による自家ヒト血清作成の苦痛から解放されました。

無血清培地と関連のある主な企業一覧

関東化学株式会社(日本)

間葉系幹細胞用無血清培地を販売しています

Proliant Biologicals社

アメリカの牛血清アルブミンを販売する大手メーカーです

Lonza株式会社バイオサイエンス事業部

間葉系幹細胞や免疫細胞などあらゆる無血清培地を販売しています

株式会社ベリタス(日本)

世界のメーカーの無血清培地やフィブリン血清などの販売を行う商社です

フナコシ株式会社(日本)

研究用の無血清培地などを世界から取り寄せて販売する商社です

どんなタイプのものがあるのか

顕微鏡

無血清培地は、血清を含んでいない動物細胞を培養するための培地のことで、いろいろな種類の無血清培地があります。この培地は凡庸性のあるタイプから特定の細胞を培養するために適したものなど多くの種類があります。この培地は血清をいろいろなタイプの成長や接着因子などに置きかえたもので、いろいろなたんぱく質などが含まれている血清を含まない培地になります。無血清培地は、血清をホルモンなどで置換することで、いろいろな種類の培地があります。このような培地を用いると、因子レベルの分析が簡単となり、研究時にメリットがあり、いろいろなタイプのたんぱく質が含まれる血清を活用した時に起こる問題を回避できるのも大きな利点と考えられています。

こんな特徴がある

顕微鏡

この培地は血清を他の物質で置き換える事が出来るので、培地の成分が明確になるといった特徴があり、細胞の研究における分析活動を行いやすくなります。というのは、無血清培地を用いた時に、細胞がもつ機能の評価がより正確に行えるようになり、血清中に含まれるいろいろな種類のたんぱく質の影響にとらわれる必要がないのです。

いろいろな種類がある

顕微鏡

無血清培地は、ヒト間葉系幹細胞用無血清培地などの種々のタイプの無血清培地を総合的に表した言葉で、再生医療や細胞医療用の分野で注目されています。この幹細胞用無血清培地は幹細胞培養を目的としている無血清培地で研究にかかるコストを削減可能という点などからも注目されています。

広告募集中